札幌 コンプライアンス研修

ビジネスマナー・接遇研修・接客研修・コンプライアンス研修 売上が上がる研修なら北海道札幌の青山プロダクション

バイトテロ・ハラスメント問題の不安はありませんか?

コンプライアンスアドバイザーバイトテロやパワハラ・セクハラ・アルハラ含むハラスメント問題について教えます!

コンプライアンス研修のお問い合わせはこちらまで。

「知らなかった」「悪いことだと思わなかった」から
大事件に発展する! コンプライアンス研修

企業を守る!職場の仲間を守る!
最新のSNS問題から実際に起こってしまった事例まで「考える」研修です!

コンプライアンス研修は、近年企業で重要視され、取り入れられるようになった比較的新しい研修です。
「コンプライアンス」を簡単に言うと、法律を守ること。ですが、市民やお客様が企業に期待していることは、法を超えた誠実さではないでしょうか。
おかしいことをしないこと。悪いことをしないこと。裏切らないこと。

「もしかしたらこれはダメなことかもしれないな」という、センサーを働かせることも大切です。たまに、利益を追求する企業にとっては「コンプライアンスの徹底はデメリットばかり。ブレーキをかけるようだ」と思うかもしれません。ブレーキではなく、ハンドルだと思ってください。

ハンドルをどう回していくのか、扱っていくのかを考えましょう。
企業の価値を高めるもの。信頼できる、安心できる企業だというブランドづくり、イメージづくりになるのです。 難しいコンプライアンスの内容を主婦目線、女性目線、消費者目線でわかりやすくお伝えします。

<コンプライアンス経営の3つのメリット>

①市民やお客様から誠実な企業であるという信頼獲得

コツコツ積み重ねてきた信用も企業価値もたった1回の不祥事で0に。
100点満点のイメージを持たれていた企業がマイナスイメージになってしまうこともある。

②不祥事等の発生防止・リスク軽減

徹底したコンプライアンス意識により「知らなかった」「悪いことだと思わなかった」という従業員が少なくなり、起こるかもしれない危険な問題が軽減される。

③従業員から経営者までの意識や理念の統一

従業員も役員も経営者も同じ目線で、自信を持って仕事に従事でき、経営理念の浸透も期待できる。
働く意欲向上にもつながる。

  • コンプライアンスって何?
  • コンプライアンスの意識が大切な理由
  • 実際に起きたコンプライアンス事件について
  • なぜコンプライアンス違反をしてしまうのか
  • コンプライアンス違反をしない組織作りとは
  • コンプライアンス経営のメリット
  • 企業ブランド・企業イメージを守る
  • 顧客は企業に何を求めているのか
  • 経営理念や倫理の徹底
  • 法律さえ守ればあとは何をやってもいいという間違い
  • 生き残る企業になるための「安全」というお約束
  • 「アルハラ」「モラハラ」「パワハラ」「セクハラ」「マハタラ」等のハラスメント問題
  • SNSのトラブルと情報発信の危険性
  • 薬物使用問題
  • 偽装表示問題
  • 著作権トラブル

事業継承・企業存続はコンプライアンス経営から

たった一度の過ちで企業ブランドはガラガラと音を立てて崩れ、倒産。社員も全員解雇。

そのようなことになる前に、今一度法律違反ではないことか、
お客様に堂々と見せられるやり方か、間違ったことをしていないかを
確認したいものです。

会社を守るために、社員を守るために、お客様の信頼と安心を守るために、
コンプライアンス研修を取り入れてみませんか?

<実績の一例>

※あいうえお順に掲載しています。
一般財団法人札幌市交通事業振興公社「コンプライアンス研修」
一般財団法人札幌市住宅管理公社「コンプライアンス研修」
一般社団法人苫小牧建設協会「コンプライアンス研修」
株式会社アースリンク「クレーム応対&コンプライアンス研修」
株式会社宮田自動車商会「コンプライアンス研修」
上砂川町役場職員様向け「コンプライアンス研修」
カラカミ観光株式会社 新入社員向け「コンプライアンス研修」
キリンビール園新館アーバン店「コンプライアンス研修」
札幌商工会議所 管理職・一般職対象「コンプライアンス研修」
札幌不動産リスティング協会「世代別コミュニケーションとコンプライアンス」
当別・新篠津商工会広域連携共同講演会「知らなきゃ怖い!コンプライアンスについて」
室蘭自動車整備協同組合青年部「コンプライアンス研修」
法務省札幌矯正管区「管内拡大職員不祥事防止対策委員会」研修
法務省札幌矯正管区中等科「コンプライアンス研修」
法務省札幌矯正管区北海道内矯正施設不祥事防止担当者向け「コンプライアンス研修」
北海道商工会連合会 管理職向け「コンプライアンス・メンタルヘルス研修」
北海道商工会連合会「道央ブロック事務局長研修会」コンプライアンス研修
北海道商工会連合会「道北ブロック事務局長研修会」コンプライアンス研修
北海道中小企業団体中央会全職員向け「コンプライアンス研修」


<連載>

毎日新聞「Re:北メール」コンプライアンスコラム連載(15年~16年)
札幌商工会議所発行「さっぽろ経済」2015.9-11月号連載
専門家からの提案書
「大切!コンプライアンス~やっていいこと・悪いこと」
専門家からの提案書
「大切!コンプライアンス~やっていいこと・悪いこと」
専門家からの提案書
「大切!コンプライアンス~やっていいこと・悪いこと」

 


問題1 「コンプライアンス」とは「法令遵守」のこと。 法令さえ守っていればよいのでしょうか?
  1. 法令を遵守していれば大丈夫
  2. それだけでは不十分
問題2 会社がコンプライアンスを重視するのはどうしてでしょうか?
  1. 企業の価値を高めるため
  2. マスコミからバッシングを受けないため
問題3 友人から「会社のために不正行為でも目を潰れ」と言われていると相談を受けました。
あなたならなんて言いますか?
  1. 「業務命令でも断るべきだよ」
  2. 「業務命令なら仕方がないね。個人としての責任はないはず」
問題4 次のうちセクハラになるものはどれ?
 ・部下をしつこく夕食に誘い「付き合わないとどうなるかわかっているか」と言う
 ・上司のあとをつけ回し「自分と付き合ってくれなければありもしないことを言いふらす」と言う
  1. 1つだけ
  2. 2つとも
問題5 上司に「お前の代わりはいくらでもいる!今回の目標が達成できるまでは帰るなよ。このお荷物が!」
と、言われました。何か問題があるでしょうか?
  1. 上司として当然の注意。もっと頑張るべきだ
  2. パワー・ハラスメントである
問題6 多くの人が行き交う札幌駅で写真を撮りました。感じの良いご夫婦の写真が撮れたので、勝手にポスターに利用することは問題でしょうか?
  1. 問題である
  2. 問題はない
問題7 会社や上司の悪口を匿名でインターネットの掲示板に書き込んだ。これは罪になりますか?
  1. 罪になる可能性がある
  2. 罪にはならない
問題8 最近フェイスブックを始めました。アクセス数を増やすため、自分の会社が来月発表するという新製品情報を載せました。何か問題はありますか?
  1. 懲戒処分の可能性がある
  2. 懲戒処分にはならない
問題9 飲食店の従業員です。最近ネイルアートにハマっていますが、お店ではマニキュアは絶対禁止です。でもやめられません。やめる気もありません。これは問題ですか?
  1. 懲戒処分の可能性がある
  2. 懲戒処分の可能性はない
問題10 ちょうど家で使うボールペンのインクがなくなってしまいました。会社の景品でダンボールにたくさんのボールペンを見つけたので1つもらって帰りました。問題ありますか?
  1. 見つかると懲戒処分の可能性がある
  2. 見つかっても懲戒処分にはならない

<答え>
①B、②A、③A、④B、⑤B、⑥A、⑦A、⑧A、⑨A、⑩A

青山プロダクション
コンプライアンス動画


コンプライアンス研修の費用について

時間や内容によって異なります。
「5回の研修を3カ月かけて実施したい」
「限られた予算でも最大限の効果的な講演をしてほしい」
「50万円の予算で何回の研修ができるのか知りたい」
どのようなご要望でも講師2人が誠心誠意お応えいたします。


ビジネスマナー研修 ◆基本から応用まで完全マスター

電話のかけ方と受け方をはじめ、感じの良い人柄づくり、自然な笑顔が作れる練習、好感度抜群のあいさつの仕方、名刺交換の仕方、正しい言葉遣い、ビジネス会話の進め方、来客の応対 等、仕事をする上で必要なビジネスマナーのすべてが学べます。

接客・接遇研修 ◆接客・接遇・販売スキルアップで売上アップ

接客・接遇・販売スキルを向上させて、お店や会社の売上を上げたいという皆様に好評の研修です!  どんなに優れた商品であっても同じくらい優秀な商品を扱っている会社が他にもある時代です。激戦区の中でも選ばれるためには「お客様の心をわしづかみにして離さない接客」が学べます。

教え方研修・リーダー研修 ◆ゆとり世代もぐんぐん成長!

部下を育てなければならない現場のリーダーは、仕事が誰よりもできるスペシャリストでありながら、部下を正しく成長させられるプロの指導者でなければなりません。
真のリーダーは「教え方」をきちんと学ばれています。
「叱り方」と「褒め方」を理解していて、部下にやる気を与えられる人です。

プレゼンテーション・営業研修  ◆トップ営業マンだけが身につけている

プレゼンテーションの目的は、聞き手にアクションを起こしてもらうことです。
最終的に聞き手にどんな行動を起こしてもらいたいのかということをはっきりとさせることが何より大切です。
相手のご要望や悩み等を聞き出してからご提案ができているか、相手のメリットについて伝えられているか、見ていただき、見せていただきながら作り上げる研修内容です。